未分類

3ブロック英会話術

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3ブロック英会話術とはその名の通り、

英語を3ブロックで話す方法です。

 

数ある英語術の中で最も速く読めるし、

確実に英語を使うことができます。

 

 

例えば、私は少しだけこの英語術を使って

話すスコアを測ったところ、

これだけのスコアが出ました。

 

 

ただ文を読むだけの計測でしたが、

それでもこれだけ高いスコアの速さで読むことができています。

 

 

この英語術の素晴らしいところは、

簡単に英語を話すことができることです。

 

 

 3ブロック英会話の特徴

 

通常、英語というものは

 

①日本語で考えて

②英語の必要なフレーズを考え

③話し出す

 

という思考回路の方が多いと思います。

英語脳で考えろ!だからでてこないんだと言われますよね。

 

 

英語は日本語と文化も違うし

語順も違うので

 

英語は英語として考えることで、

文を組み立てることが重要となってきます。

 

 

そして、その英語できる・できないをわけるのは

『英語のルールがわかっているか?わかっていないか?』

に集約されます。

 

3ブロック英語術を使った方法は、

英語を話すのに適しているし、

文を読むのにも適しています。

 

 

このように、きちんと正しいやり方をすれば

簡単に読むことも話すこともできてしまいます。

 

 

 

では、英語術のメリット・デメリットを見ていきましょう。

 

 

3ブロック英語術のメリット・デメリット

 

この3ブロックをフル活用した英語を使えば、

長い文も短い文もつくることが可能です。

 

ちょうど小さな子供が話すように、

短い文で話すこともできますし、

どこかの企業の新商品のスピーチのように

長い文章で話すことも可能です。

 

これはネイティブが自然に行なっているルールですが、

これを後天的に習得できるよう学習していきます。

 

何も意識していないのに

日本語を話せてしまうのはこの能力のせいです。

 

この能力を習得するためには、

ある程度の学習が必要です。

 

ネイディブの感覚を学ぶわけですから、

最初はなれないかもしれませんが

 

学習を積んでいけばハッキリと

理解することができるようになります。

 

極めれば、ネイディブの感覚で話すことも

可能になるわけですね。

 

 

また、表現のパターンを増やすことができます。

 

表現のパターンを増やすするとどうなるかというと、

3ブロックを応用するだけでできます。

 

小難しい文章、長い内容でも

3ブロックに変換してから

英語をみることで、

 

簡単にいくつもの文章を理解することができます。

 

これは会話に非常に役立つので

会話のレパートリーが少ないという人は活用してみてください。

 

実際、私もこの応用を使って

観光旅行に来た人を案内してきました。

 

 

ただ、この英語術のデメリットは

『単語を覚えたい人には物足りない』

ということです。

 

単語を覚えることこそが学習だと考えている人には

物足りなく感じるかも知れません。

 

この方法では、新しい単語を覚えるのではなく

今あるボキャブラリーのなかで会話を作っていくからです。

 

逆に言えば、新しい単語を覚える必要はありません。

単語嫌いの私には

最高の方法でした。

 

これが3ブロック英語術のデメリットですね。

 

暗記による英語術

 

では、暗記型英語術のメリットや

デメリットを見ていきましょう。

 

暗記型は、単語や文型を覚えるというものになります。

世の中の多くの教科書や本がこれに基づいて売られていますよね。

単語本などがその例です。

 

この暗記型をフル活用できれば、

難しい文型や長文を理解することができます。

 

文系よりの能力であると言えますね。

 

極めれば、語彙力が高くなって

論文などを理解できるようになるし

 

暗記型を使えば、

本も100%近く理解することが可能になるでしょう。

 

 

この暗記型英語術のデメリットは、

覚えるのに時間がかかってしまうこと。

 

忘れてしまうとわからない、

応用が効かないこと

などが挙げられます。

 

応用することはできるのですが

理解して暗記しているのならいいのですが

ただ闇雲に暗記しているだけでは

どう応用すればよいかわからないので

学習で磨いていく必要があります。

 

3ブロックをフル活用した英語術

 

・・・と、このように

英語の学習方法によっては、

結果が違うんですね。

 

また、人によって向き、不向きもあります。

 

単語を覚えるのが得意な人もいれば、

リスニングが得意な人もいます。

 

ちょうど勉強できる人、運動が得意な人に

わかれるみたいですね。

 

 

そして大切なポイントは、

世に出回っている英語術は

暗記をすることしか推奨していない

ということです。

 

 

会話をするとき、暗記などしていない

 

・・・とすると、

私たちは日本語を話すときに型や単語を考えて会話していない

ということがわかりますね。

 

漫画や雑誌、小説などを読むときは

日本語のルールにそって読み

 

専門書や参考書、勉強をするときは

日本語のルールにそって書きます。

 

これは逆に言えば、

小説などの本を読むときに

『文型』は意識されておらず、

 

意識していることを差します。

 

つまり、私たちは日本語を話すとき、

ルールしか考えいないのです。

 

 

じゃあ、もし

英語のルールを日本語のように使う

ことができたら?

 

“小難しい本や理解するのに時間のかかる本を

『ルール』にそって捉え、

『ルール』で高速処理する。”

 

“小説などのイメージに苦しむ本を

『ルール』で具体的に処理し、

『ルール』でイメージに変換する。”

 

このような、最も簡単な方法で

情報を処理し、常人では考えられない速さで素早く英語を使うことができるのです。

 

その英語効率は、計り知れません。

英語スピードが5倍になるだけではなく、

理解度も余裕で95%を超えてしまうでしょう。

 

 

この英語術は才能が必要かと言われるとそうではなく、

ちょっとした学習と、

手順化されたやり方に沿って学習するだけでなので

 

正しい学習方法とやり方さえ知っていれば

凡人でも驚異的な伸びをが期待できます。

 

 

もっと英語をたくさん話したい

短い時間でサッとネットをみたい

深い知識や教養を身につけたい

 

という人は、一度習得してしまえば

一生使えるので、挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

ちょうどこういう企画も用意しているので、

検討してみるのもアリだと思います。

 

英語習得入門

 

 

英語の教材選びについて

 

 

英語の情報商材とは?

 

 

英語の底知れないメリットを知る

 

 

将来への不安を少しだけ軽くする電子書籍を読めます


 
うつになって転職を経験した私が、
英語を身につけることで
心も体も健康を取り戻すことができました。


難しいことをしたわけではありません。
24時間英語漬けではなく
ただ、楽しく英語を学んだだけなのです。


英語が元から話せたわけではありません。
少しの間真剣に取り組んだところ
あっさりと人生逆転できました。


その経験から、現状に関わらず、
正しい方法と正しい努力を素直に行うことで
誰でも英語が身に付くと確信しました。


そして、世界で活躍できる人が増えれば
うつに悩んだり、
狭い世界で苦しむ人が少なくなって
日本はもっと面白くなるし、


そんな英語スキルとマインドを持った
価値観を共有できる仲間と何かできればいいな
とひそかに思っています(⁎˃ᴗ˂⁎)


そういった理念から、私がどのようにして
簡単な英語力を身につけたか
将来やりたいことを見つけていったかなど


経験者目線でお伝えできるかと思い、
電子書籍にまとめてみました。


ストーリー形式で作っていて、
15分程度でサクッと読める内容なので
もし興味があれば読んでみてください。


電子書籍「単語・文法を覚えない楽勝英会話」を読んでみる


メールアドレスを入力すれば、受け取れます。


最後まで読んでいただきありがとうございました。


もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


Pocket

ABOUT ME
たくと
たくと
元色白陰キャの小さなリア充起業家 広島大学卒業→1年無職→セブ移住 24歳/海外旅/セブ/洋楽/映画/読書/子ども フィリピンの東大U.P.Diliman大学卒業 世界中で国際恋愛できる小さなリア充起業家を増やしたい