未分類

「聞き流すだけで話せる」そう思っていた時期が私にもありました。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まず、英語について、色んなイメージがあると思います。

 

ポジティブなイメージだと

・旅行に行って不自由なく過ごせる

・楽に海外へ行ける

・英文を見るだけで内容を理解する

・世界中の人と話すことができる

 

などで、

ネガティブなイメージを挙げると

・難しい

・才能がある人だけができる

・本当に習得できるか不安

 

など、人によって色んなイメージを持っていると思います。

  

英語を習得している私に言わせてみれば、

正直な話、これらのイメージはすべて正解です。

 

英語を習得すれば旅行に行って不自由なく過ごせるし、

英文を見るだけで内容を理解することができるし、

世界中の人と話をすることもできます。

 

もし正しい方法を用いて英語を習得した場合、

このような能力を使うことは可能です。

 

実際、私も少しだけ英語を勉強したら

12時間で人生で一番長い文を作ることができました。

 I am studying  English every single day. Because I love to watch American dramas and hollywood movies.And when I  watched  a hollywood movie called Good Will Hunting, I  wanted to know  English without subtitles.So, I want to be a fluent English speaker in the future. 

↑(そのときの文。こんなに文を書いたのははじめてです。笑)

これでも十分な能力だと思います。

 

ただ、その能力を習得するためには多少の勉強が

必要だということも覚えておいてください。

  

最初からこのような英語力を持っている人はいなくて、

いたとしてもそれこそ『才能人』です。

 

私たち普通の人間は、

ある程度の訓練の先にこのような能力を習得できるのです。

 

それが

『何の訓練もいらない、一日で習得できる英語!』

とか言っている人がいたら、それこそ詐欺商品なので気をつけてくださいね。

 

実際、私も騙されたことがありますが

英語の教室では詐欺が横行しています。

 

50万円も払って参加したにも関わらず、

高額な英語教材話と、

毎日それをやるというものでした。

 

結局何の効果も得られなかったので

50万円をドブに捨てたようなものです。

 

英語のネガティヴなイメージは、

ほとんどがこのような詐欺から生まれていると思います。

 

また、もし

・才能が必要

だとか

・習得できた気がしない

 

と思う訓練の方法なら、

それは『間違った英語術』を訓練しているということです。

 

正しい英語学習法で勉強すれば、

かなり短い時間で英語を習得することができます。

 

これから、英語を習得するために

最低限必要な知識を話していくので、

ぜひ最後まで読んで英語についての理解を深めてください。

 

英語入門

 

まず、英語についての理解を深めて欲しいのですが

 

英語とは、世界の共通言語として使われているもので、

その用途は人によって大きく違います。

 

英語を使ってたくさんの情報に触れることを

目的にしている人もいれば、

ビジネスで資料を速く読むことを

目的にしている人もいます。

 

その用途によって習得するべき英語術は変わるので、

まずは自分が何を目的に英語を習得するのか?

をハッキリさせてください。

  

これがないと、

まず英語を習得するのは難しくなります。

 

目的は何でもよくて、

例えば私に寄せられたメールでは

『昔から英語嫌いで英語を話せるようになりたいから英語を習得したい』

という目的の人もいました。

  

また、大学受験をするために英語を習得したいという人や、

知識・教養を身につけたいから英語を勉強したいという人、

なかには自身のTOEIC最高記録を更新したい

 

という人もいました。

 

あなたにも、何かしらの夢・目標があるはずです。

 

その目的の強い弱いに関わらず、

まずは『英語を使ってどんなことを叶えたいのか?』

をハッキリとさせてください。

 

それが英語という特殊能力を身に付けるための第一歩です。

 

 

英語の種類

 

 

また、英語には色んな種類があって

ひと口に英語と言っても、その訓練方法は多岐にわたります。

 

例えばリスニング

 

これは簡単に言えば、言っていることを聞き取る力です

 

リスニングテストなどが有名ですね。

 

リスニングを高めた場合、

うまく習得してしまえば一瞬で何を言っているのかわかることや、

文字を読めなくても理解できるのがメリットです。

 

私もそういった部分に魅力を感じて

少しだけ手を出しましたが、すぐにやめました。

 

いくつかの大きな大きなデメリットを感じたからです。

  

まず、聞く力だけでは会話ができないこと。

 

緊急速報を聞くとか、聞いただけで内容を理解できるとか

能力は魅力的ではありますが

 

そのぶん、受け身なのでこちらから何もできないのです。

 

何もしないで習得できる人は、耳がいい人か

もしくは長年の訓練を経て粘り強く習得した人です。

 

何より凡人の私でも習得はしましたが、

また、英語を習得するために貴重な時間を使って

何年も訓練したからです。

 

初心者のかたにまず進めたい方法ではありません。

博打のつもりで挑戦して習得できたらいいですが、

習得できずに訓練に費やした多くの時間を

無駄にするのはもったいないですよね。

 

 

また、

フレーズをひたすら言う系の英語。

  

これは、ひたすらあるフレーズを言うことで自然と口から出るようにするという英語法で

 

訓練内容は、とにかくフレーズを覚えてるために音読したり

音声のあと続けて言うトレーニングをしていきます。

 

私はこの訓練をある程度やっていて、

発音能力が向上したことは認めますが

 

それで爆発的にフレーズが自然とでてくるようにになったかと言われると疑問です。

 

確かに少しは出てくるようになったかもしれませんが

それでも英語を勉強をすることの苦痛は変わらなかったし、

 

フレーズをいい続けたり、

ひたすら音読している姿を見て

 

なんだか、本来の英語とはかけ離れているものを感じました。

 

私がこの英語学習法を習得するのをやめたのは、

訓練がすごくきつかったからです。

 

同じような作業を何度も何度も繰り返していき、

口を何度も動かして

 

終いにはただ念仏を言っているかのような状態になってしまい、

非常に気持ち悪い思いをしました。

 

このままでは英語を嫌いになってしまうと思ったので、やめました。

 

 

誰にでもできる本当に正しい英語法とは

 

やっぱり、英語が習得しづらいと言われる原因として

『勉強がつまらない』

というのが挙げられます。

 

実際、英語の勉強というのは

英語の処理能力を上げたり

新しい情報を入れたりと

 

普段使わない脳の部位を使っていくので、

勉強がキツくてつまらないという側面があります。

 

要は、筋トレと一緒で

きつい訓練をすればするほど能力が磨かれていくわけですが

 

『脳を鍛える』

というと抵抗感が生まれてしまったり、

思わぬキツさがやってきたりして

多くの人が挫折していく原因となっています。

 

ただ、それは詐欺的な英語術においての話です。

(そして詐欺的な英語術を教えているところが大多数)

 

実際のところ、正しい方法を学べば

英語を習得するのにキツい勉強は必要なくなります。

 

多少の努力が必要ではありますが、

それもテープに続けていいまくったりとか、

ひたすらぼんやりした内容を教わったりとか

  

そういった類のものではなく、

『あなたが本来持っている英語力を引き出す』

これだけで習得できてしまうものです。

 

私らが本来持っている、英語情報の力を引き出すだけで、

英語を学ぶスピードは段違いに変わっていくのです。

 

例えば、例をひとつ挙げてみると

 

私らは義務教育の中で

『英語はSVO』

と教わってきました。 

 

ただ、それは効率の良い英語学習法ではなくて

  

正しい英語術の中では

『英語はルールで簡単に話せる』

という教え方をしています。

 

主語を言って、

ルールにしたがって言うことで

一瞬で英語を作れるようになってしまうのです。

 

長文があったとしても、

ルールにのっとってに考えれば読む時間は通常の5分の1

 

読書スピードは5倍になっていきます。

 

これはまだ一例ですが、

もちろん英語術の中には

文章の100%を理解する読み方だったり、

簡単に話す言い方だったり

 

“気持ちを早く伝えるための正しい英語勉強法”

がいくつかあります。

 

このように、

”英語のルール”

をマスターすることが、

英語を習得する一番の近道です。

 

何もきつくてつまらない訓練をする必要はなく、

ルールを覚えることで大きな成果が現れてしまうのです。

 

↑実際、これは私がその英語法を習得して

試してみた結果です。

 

それまでは相手の発言を聞き取るのが限界だったのに、

少し勉強の仕方を変えるだけでこのような結果になりました。

 

勉強に要する苦痛はほとんど無くなったのに、

成果は自分の考えを言えるまでになっていて

 

本当に、人生を変える知識というのは

知っているか知らないかの世界だなと思いました。

 

詳しくはこちらで解説しているので読んでみてください。

 

私は、このような経験からも

『正しい学習方法で、本来持っている英語の力を引き出しながら勉強する』

という英語法を推奨しています。

 

 

英語習得入門

 

 

英語の教材選びについて

 

 

英語の情報商材とは?

 

 

英語の底知れないメリットを知る

 

 

将来への不安を少しだけ軽くする電子書籍を読めます


 
うつになって転職を経験した私が、
英語を身につけることで
心も体も健康を取り戻すことができました。


難しいことをしたわけではありません。
24時間英語漬けではなく
ただ、楽しく英語を学んだだけなのです。


英語が元から話せたわけではありません。
少しの間真剣に取り組んだところ
あっさりと人生逆転できました。


その経験から、現状に関わらず、
正しい方法と正しい努力を素直に行うことで
誰でも英語が身に付くと確信しました。


そして、世界で活躍できる人が増えれば
うつに悩んだり、
狭い世界で苦しむ人が少なくなって
日本はもっと面白くなるし、


そんな英語スキルとマインドを持った
価値観を共有できる仲間と何かできればいいな
とひそかに思っています(⁎˃ᴗ˂⁎)


そういった理念から、私がどのようにして
簡単な英語力を身につけたか
将来やりたいことを見つけていったかなど


経験者目線でお伝えできるかと思い、
電子書籍にまとめてみました。


ストーリー形式で作っていて、
15分程度でサクッと読める内容なので
もし興味があれば読んでみてください。


電子書籍「単語・文法を覚えない楽勝英会話」を読んでみる


メールアドレスを入力すれば、受け取れます。


最後まで読んでいただきありがとうございました。


もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


Pocket

ABOUT ME
たくと
たくと
元色白陰キャの小さなリア充起業家 広島大学卒業→1年無職→セブ移住 24歳/海外旅/セブ/洋楽/映画/読書/子ども フィリピンの東大U.P.Diliman大学卒業 世界中で国際恋愛できる小さなリア充起業家を増やしたい