未分類

【悲報】英語において”教材”は全く無意味だった

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語の教材について

 

英語を習得しようと思って

『誰かから教えてもらおう』

と考えている人は多いかと思います。

 

実際のところ、英語のような特殊なスキルは

人から教えてもらったほうがはるかに速く習得できるし、

正しい方法を学ぶことができます。

 

ただ、英語を習得しようと思って

インターネット上を探し回ってみると、

色んな英語に関する教材が転がっているのが見てとれます。

 

本気で英語を勉強したい!

と思っても、どれを選択して学べばいいのか

いまいちよくわからないですよね。

 

ここでは、英語の教材を50万円以上購入した私が

どんな教材の種類があるのかまとめた上で、

 

私のオススメする教材の種類を紹介したいと思います。

 

 

英語教室(建物型)

 

まず、英語教室というものがあります。

  

これは、授業料をいくらか支払い、

英語を習得した人から直接

英語の方法を教えてもらうものです。

 

教師陣を組織して大きな団体で英語教室を開いているところもあれば、

個人で教室を開いているものもあり、その教室の形は様々です。

 

実際、私も英語教室に通っていますので

その感想も交えてお話したいと思います。

 

 

・英語教室の教え方は教師により異なる

 

私は合計で3つの英語教室に参加してきました。

 

まず最初に思ったのが、

人と学校によって教える内容がまったく違うということです。

 

ある学校は定型文をひたすらやる方法を教えていて、

ある学校はひたすらネイティブと話す方法を、

ある学校は文法について教えていました。

 

そして同じ学校の中でも先生が変わると

教え方が変わるということでした。

 

素直に思ったのが、

『英語学習の方法って統一されていないんだ』

ということで、それぞれ流派のようなものがあり

 

てっきり英語法はひとつしかないと思っていた私にとっては

いい勉強になりましたね。

 

また、それぞれの学習方法を冷静に分析してみると、

人によって向き・不向きがあることがわかりました。

 

ネイティブと話すのは初心者の大人には向いていないし、

定型文の方法はそれだけしか答えられなくなるし

 

 

英語教室は、

教える人によって英語のやり方が変わってしまうので、

自分にあった英語法を引き当てるのは運に左右されます。

 

 

・参加費が非常に高い

 

また、参加費が非常に高いのも特徴です。

 

私が参加した英語教室は、

週1回の授業で合計100万円を請求されました。

 

 

 

最初は無料体験のような形で募集していたので、

興味本位で申し込んで参加してみたのですが

 

そのあと、100万円のコースを強くオススメされて

身につくならと契約してしまいました。

 

しかもこれがスタンダードコースというから面白いです。笑

上位コースになれば、100万とか200万とか平気で要求されます。

 

建物型の運営なので営利目的が多く、

私はローンを組んで支払っていたのですが

そのローンが終わらないうちに契約期間が終わりに近づき

またローンを組まされるというローン地獄に陥りました。

 

また、こういうところに入れば

それなりに英語を習得できるかと思いきや、

学習内容は教科書にそって話すだけの流れ作業のようでした。

 

毎回通っていると次はこれだなという状態になり、

学習というよりはただ教科書の答えを言っているような状態で、

全然英語が身につかない授業を続けられてしまいました。

 

その結果、まったく英語力が伸びず、

しまいには英語を習得するなら

一生お金を払い続けなくてはいけなくなりそうでした。 

 

 

こういった経験があるから、

私は英語教室(建物型)なんてものは

詐欺なんじゃないかと思っていました。笑

 

そんなときに私はあるネット英会話にであって詐欺でない

英語教室があるとしってそこから英語力が伸びています。

 

また、1回3000円のネイティブが個人でやる

英語教室にも参加したことがありますが

 

そこでは、日本語が全く話せないので

私の発音が伝わらないときには奥さんの日本人と電話で話す

という時間と手間がとられ、自信までなくす内容でした。

 

結局、教科書信仰と

少しだけ会話をするトレーニングをしただけで、

あわなかった英語教室は終了してしまいました。

 

一生懸命稼いで組んだローンだっただけに、

すごく悲しい気持ちになりましたね。

 

大手や個人に関係なくそんな感じなので、

あうところをみつけないとひどい結果になると思ってます。

 

そのような経験から、

個人的にCMでやっているような英語教室や

ネイティブだけで構成されたものはオススメできませんね。

 

もし英会話教室へ通うなら

「ネット型で質のいいプログラム」

のところをおすすめします。

 

ネットは店舗を持たないので家賃などのコストがいらないため

安く運営できるため授業料も安いところが多いです。

 

営利目的のところもあるかもしれませんが、

店舗型よりは少ないと思います。

そこも見極めて選ぶことが大切です。

・本、書籍

 

また、本や書籍で英語を学ぶという方法もあります。

 

大体、本で勉強しようとすると

1500円~2000円くらいのお金で英語を学ぶことができますが

 

私はこれもあまりオススメできません。

 

本や書籍で勉強できる英語学習法は、

大した内容が書かれていないからです。

 

大抵、学習者の自慢話が多く、

構文や文法の話をされて終わります。

 

英語脳の開発だとか、

リスニングの力を引き出すだとか

 

そういった話ばかりです。

 

また、1500~2000円を払ったくらいじゃ

行動を起こそうという気になりません。

 

英語の学習はモチベーションが重要な要素になってくるので、

やはり習得するためにはある程度のお金をかけたほうがいいです。

 

私も英語に関する本は10冊ほど買いましたが、

まったく英語できるようにはなりませんでした。

 

 

英語の教材は9割が詐欺

 

私はこれまで色々な英語の教材を買ってきましたが、

 

結局そのうちの9割は詐欺商品でした。

 

いや、詐欺ではないにしても、

習得するのが難しかったり勉強がとてもキツかったり

 

凡人の私には習得するのが難しいものばかりでした

 

じゃあ、どうやって英語を習得すればいいのか?

というと、私は情報商材をオススメしています。

 

それに関してはコチラの記事でまとめているので、

そちらを参考にしてみてください。

 

大きな失敗をしないためにも、

英語の教材は自分に合った、

誰にでも習得できる正しいものを選択しましょう。

 

 

英語習得入門

 

 

英語の教材選びについて

 

 

英語の情報商材とは?

 

 

英語の底知れないメリットを知る

 

 

将来への不安を少しだけ軽くする電子書籍を読めます


 
うつになって転職を経験した私が、
英語を身につけることで
心も体も健康を取り戻すことができました。


難しいことをしたわけではありません。
24時間英語漬けではなく
ただ、楽しく英語を学んだだけなのです。


英語が元から話せたわけではありません。
少しの間真剣に取り組んだところ
あっさりと人生逆転できました。


その経験から、現状に関わらず、
正しい方法と正しい努力を素直に行うことで
誰でも英語が身に付くと確信しました。


そして、世界で活躍できる人が増えれば
うつに悩んだり、
狭い世界で苦しむ人が少なくなって
日本はもっと面白くなるし、


そんな英語スキルとマインドを持った
価値観を共有できる仲間と何かできればいいな
とひそかに思っています(⁎˃ᴗ˂⁎)


そういった理念から、私がどのようにして
簡単な英語力を身につけたか
将来やりたいことを見つけていったかなど


経験者目線でお伝えできるかと思い、
電子書籍にまとめてみました。


ストーリー形式で作っていて、
15分程度でサクッと読める内容なので
もし興味があれば読んでみてください。


電子書籍「単語・文法を覚えない楽勝英会話」を読んでみる


メールアドレスを入力すれば、受け取れます。


最後まで読んでいただきありがとうございました。


もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


Pocket

ABOUT ME
たくと
たくと
元色白陰キャの小さなリア充起業家 広島大学卒業→1年無職→セブ移住 24歳/海外旅/セブ/洋楽/映画/読書/子ども フィリピンの東大U.P.Diliman大学卒業 世界中で国際恋愛できる小さなリア充起業家を増やしたい